ほんかくしょうちゅう やまもとさねひこ

本格焼酎 山本實彦ヤマモトサネヒコ

1800ml
900ml

山本實彦 やまもと さねひろ

【数量限定】
原料のさつま芋は「山本實彦顕彰委員会」で手塩にかけた黄金千貫。

黒麹、甕仕込みの特徴が深く、非常に甘味がのった本格焼酎。
やわらかな酒質で口当たりが良く、お湯割り・水割り・ロックなど、どのような飲み方でもご満足頂ける一品です。

出発式の様子

2019年6月18日に、限定記念品 本格焼酎「山本實彦」の出発式が行われました。
当日は取材が入ったりと多くの方がお越しくださいました。

山本實彦の出発式

山本實彦の取材風景

山本實彦について

山本實彦(やまもとさねひこ、常用漢字では「山本実彦」)は、大正8年に改造社を興し、戦前の日本の出版界をリードした人物として知られています。大正デモクラシーの時流に乗った編集内容で多くの読者を獲得した総合雑誌「改造」の創刊、一円という破格の価格で売り出された「現代日本文学全集」の刊行と映画や講演会をつかったその広告戦略など、斬新で大胆なアイディアを実行し、「出版界の革命児」と称されています。

このように、改造社社長として成功する前には、郷里である鹿児島・川内での経済的に恵まれない幼少期や、新聞記者として活躍した時代がありました。

原材料 さつま芋(鹿児島県産)、米麹(国産米)
種麹 黒麹
アルコール分 25度
受賞暦等 -
輸出先 -
飲み方
湯割り 水割り ロック ストレート その他

※ 炭酸割りなど、様々な飲み方でお楽しみいただけます。

このページを共有する
1800ml
900ml
1800ml
3,000円(税抜価格)

オンラインストアで購入する

900ml
1,700円(税抜価格)

オンラインストアで購入する

商品一覧メニュー